スペシャルカラーデータの作成方法

プリンパがお勧めするゴールド、シルバー、ホワイト、ネオンピンクのスペシャルカラー印刷のデータ作成方法についてご案内いたします。 入稿データの作成には特色版を作成するなど少し高度な技術が必要になりますので、下記の内容をよくご確認ください。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • PDF/画像

Illustratorで作成する場合

スペシャルカラー(特色)印刷のデータはIllustratorでの作成を推奨しております。 Illustratorを利用すると通常のカラーと特色部分が複雑な場合でも比較的簡単にデータを作成することができます。

  • 「特色版」レイヤー作成する
  • 特色版専用のレイヤー作成する

    特色版専用のレイヤーを作成し、スペシャルカラーのオブジェクトをまとめて配置してください。(名称は「ゴールド版」や「シルバー版」など)
    スペシャルカラーが2色ある場合は専用レイヤーを2つ作成してください。

  • 特色オブジェクトを「K(モノクロ)」で作成する
  • 作り方① 特色オブジェクトを「K(モノクロ)」で作成

    スペシャルカラーで印刷するオブジェクトをK(モノクロ)1色で作成してください。
    印刷する際に特色版にあるK(モノクロ)で作成されたオブジェクトをスペシャルカラーに置き換えて印刷します。

    「モノクロ+スペシャルカラー」印刷で、データ上モノクロと重なり作業しづらい場合は、K版をC版もしくはM版で作成していただいて構いません。(1版で作成されていれば問題ありません)

  • 特色スウォッチを使用してデザインする
  • 作り方② 特色スウォッチで作成する

    「スウォッチ」パレットを表示し、新規スウォッチを作成します。
    カラータイプで「特色」を選択し、カラーモードを「CMYK」に、カラーは任意の数値を入力してください。スウォッチの名称は下記の通りにしてください。

    [ゴールド印刷の場合] gold
    [シルバー印刷の場合] silver
    [ホワイト印刷の場合] white
    [ネオンピンク印刷の場合] pink

    スペシャルカラーで印刷するオブジェクトに、上記で作成したスウォッチを適用するとスペシャルカラーで印刷できます。

  • 下地にスペシャルカラーを使用したい場合
  • 下地にスペシャルカラーを使用したい場合

    メタリックカラーなど下地にスペシャルカラーを敷きたい場合は、対象となるオブジェクトに「乗算」を設定すると実現できます。
    まず、特色版レイヤーを最下部に移動し、スペシャルカラーのオブジェクトを配置してください。

  • 対象のオブジェクトに乗算を設定
  • 「透明」パレットを表示してください。(「ウィンドウ」-「透明」)
    混色したいオブジェクトを選択し、透明パレットのリストから「乗算」を選択すれば完成です。

    スペシャルカラーをK(モノクロ)で作成した場合、乗算すると真っ黒になってしまいます。上記で説明している「特色スウォッチ」を使用すると仕上がりイメージがつきやすいので特色スウォッチをご利用ください。

  • 注意アイコン
    • ホワイト印刷の下地(白打ち)には対応しておりません。
    • 乗算を設定していない場合、抜き合わせデータとなり下地になりませんのでご注意ください。
    • メタリックカラーの色見本、スウォッチライブラリーはこちらをご覧ください。
  • スクリーンショットを作成する
  • 出力見本を作成

    出力見本(スクリーンショット)を作成して実データと同封してご入稿ください。 出力見本は実際の仕上がりイメージ(用紙色やスペシャルカラー部分)が分かりやすいように作成していただくとトラブルが少なくなるのでお勧めです。(左図参照)

    ただし、実データには用紙色等を配置しないでください。データ上にあるものはすべて印刷されますので意図しない仕上がりになる場合があります。

Photoshopで作成する場合

  • グレースケールモードに変更
  • スペシャルカラー1色の場合

    スペシャルカラー1色の場合はグレースケールで作成します。
    Photoshopのメニューから「イメージ」-「モード」-「グレースケール」を実行して、グレースケールモードに変更します。
    変更後は自由にデザインしてください。

    プリンパで印刷する際にグレースケールで作成されたオブジェクトをスペシャルカラーに置き換えて印刷します。

  • CMYKモードに変更
  • CMYK+スペシャルカラーの場合

    CMYKカラーとスペシャルカラーが混在する場合は特色レイヤーを使用します。
    まず、Photoshopのメニューから「イメージ」-「モード」-「CMYKカラー」を実行して、CMYKモードに変更します。

  • 特色レイヤーを作成
  • 次に、特色レイヤーとCMYKレイヤーを作成します。レイヤー名は「ゴールド版」「ホワイト版」などの色名をつけて分かりやすいようにしてください。
    スペシャルカラーで印刷したいオブジェクトを特色レイヤーに「K(モノクロ)」1色でデザインしてください。 カラーで印刷したいオブジェクトはカラーレイヤーにCMYKでデザインしてください。

    プリンパで印刷する際に、特色レイヤーにあるオブジェクトをスペシャルカラーに置き換えて印刷します。

    スペシャルカラーが2色ある場合は、特色レイヤーを2つ作成し、1色目を「K(モノクロ)」で、2色目を「C(シアン)」で作成してください。

  • 特色版レイヤーを最下部に移動
  • 下地にスペシャルカラーを使用したい場合

    メタリックカラーなど下地にスペシャルカラーを敷きたい場合は、対象となるレイヤーの描画モードに「乗算」を設定すると実現できます。
    まず、特色版レイヤーを最下部に移動し、スペシャルカラーのオブジェクトを1色でデザインしてください。(説明画像ではC版で作成)

  • レイヤーに乗算を設定
  • 「レイヤー」パレットを表示してください。(「ウィンドウ」-「レイヤー」)
    混色したいレイヤーを選択し、描画モードのリストで「乗算」を指定すれば完成です。

  • 注意アイコン
    • ホワイト印刷の下地(白打ち)には対応しておりません。
    • 乗算を設定していない場合、抜き合わせデータとなり下地になりませんのでご注意ください。
    • メタリックカラーの色見本、スウォッチライブラリーはこちらをご覧ください。

PDF、画像データの場合

PDFや画像データでもスペシャルカラー印刷を行うことができます。
ただし、メタリックカラーなどスペシャルカラーを下刷りするデータは作成できませんのでご了承ください。

  • カラー(モノクロ)のみのデータ作成する
  • カラー(モノクロ)のみのデータ作成する

    特色部分を除いたデータを作成します。ファイル名は分かりやすいように「カラー.pdf」などにして保存してください。(特色1色印刷の場合、この作業は必要ありません)

  • 特色のみのデータをK(モノクロ)で作成する
  • 特色のみのデータをK(モノクロ)で作成する

    特色部分のみをK(モノクロ)1色で作成します。
    名称は分かりやすいように「スペシャルカラー_ゴールド.pdf」などにして保存してください。また、カラーデータと特色データは必ず同じ大きさのサイズで作成し、重ねて一致するようにしてください。(背景は透過させる)

  • 特色のみのデータをK(モノクロ)で作成する
  • 実際に印刷作業を行う場合、カラーデータとゴールドデータを重ねて印刷します。ゴールドデータはK(モノクロ)で作成されていますがゴールドに置き換えて印刷いたします。(左図参照)

  • 注意アイコン
    • メタリックカラーなど、スペシャルカラーを下刷りするデータを作成することはできません。
  • スクリーンショット作成
  • スクリーンショットを作成

    出力見本(スクリーンショット)を作成して実データと同封してご入稿ください。 出力見本は実際の仕上がりイメージ(用紙色やスペシャルカラー部分)が分かりやすいように作成していただくとトラブルが少なくなるのでお勧めです。(左図参照)

    ただし、実データには用紙色等を配置しないでください。データ上にあるものはすべて印刷されますので意図しない仕上がりになる場合があります。